メニュー閉じる

雨の水はどこにあるの

雨の水はどこにあるの

雨の水のもとは、わたしたちの目には見えない水蒸気(すいじょうき)です。

水蒸気というのは、水が蒸発(じょうはつ)したものです。洗濯物(せんたくもの)がかわくのは、洗濯物の水が蒸発して水蒸気になり、空気中ににげていくからです。
もちろん、水の蒸発は洗濯物からだけ起こるものではありません。水は、海や川、湖などのほか、地面や植物などからも蒸発しているのです。
なかでも、南のあたたかい海では、たくさんの水が蒸発して、空気中にたくさんの水蒸気を送りこんでいます。この水蒸気が上空に上昇(じょうしょう)して、そこで冷やされ、細かい氷や水のつぶになったものが雲というわけです。そして、雨はこの雲からふってくるのです。
したがって、雨の水というのは、もともとは、海や川や湖や、そのほかわたしたちのまわりにたくさんある水がもとになっているといえます。
一度雨でふった水は、川などを流れてまた海や湖に帰っていきます。そして、その海や湖から水がまた蒸発して雲になり、雨となり地上におりてくるのです。地球にある水は、このようにいつも循環(じゅんかん)しているのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP