メニュー閉じる

オーロラはどうしてできるの

オーロラはどうしてできるの

オーロラが、赤や緑、紫(むらさき)、黄色などさまざまな色で、しかも、それが大空のレースのカーテンのようにゆらめきながらかがやく光景は、非常に神秘的(しんぴてき)です。

これらは、北極や南極など高緯度(こういど)のところで見られる現象です。このオーロラを起こすもとになるのは、太陽からの「太陽風(たいようふう)」というものです。
太陽風というのは、太陽の表面でときどき起こる大きな爆発(ばくはつ)のとき、太陽から飛び出してくる電子や陽子(ようし)というものが、まるで風のように地球におしよせてくることをいいます。この太陽風が、北極や南極上空の酸素(さんそ)や窒素(ちっそ)などの原子を刺激(しげき)して光を出します。これがオーロラなのです。
ではなぜ、オーロラは北極や南極などの極地方でしか見ることができないのでしょうか。これは、地球が北極をS極、南極をN極とする大きな磁石(じしゃく)であることと関係があるのです。
太陽から飛んできた電子や陽子は、地球の磁石にひきよせられて、北極と南極めがけて地球に飛びこんできます。このとき、その上空で大気の酸素や窒素を刺激(しげき)して発光するのです。

PAGETOP