風はどうしてふくの

風はどうしてふくの

かんたんにいえば、風というのは空気の移動です。わたしたちの住む地球は空気におおわれています。

その空気は目に見えませんし、形もありませんが、 温度が上がるとふくらみ、反対に温度が下がると、ちぢむという性質をもっています。
太陽に照らされてあたためられふくらんだ空気は、軽くなって上昇します。反対に空の上のほうで冷やされてちぢんだ空気は、重くなって下降するのです。そうなると、上昇した空気のあとには、まわりから別の空気が流れこんできます。また、下降した空気のあとにも、 まわりから別の空気が流れこんでくるのです。
このような空気の動きが、風として感じられるというわけです。
おうちの方へ
実際には、地球上の空気はもっと複雑な動きをしていますが、基本的にはこのように覚えておけばいいでしょう。

PAGETOP