メニュー閉じる

日本で一番暑い日と寒い日の気温は何℃だったの

日本で一番暑い日と寒い日の気温は何℃だったの

日本で一番暑かったのは、1933年の7月25日に記録された、40.8度です。体温よりも高いという、すさまじい暑さです。

この日本一暑い気温を記録したところは、一体どこだと思いますか?日本で一番暑いところというと、まず沖縄(おきなわ)あたりを思いうかべることでしょう。たしかに、沖縄は亜熱帯気候(あねったいきこう)に属しますから、あたたかい地方であることにはまちがいありません。しかし、最高気温を出したのは、別の場所です。
この気温を記録したのは、東北地方の山形市です。山形市というと、冬には雪が積もる寒いところというイメージがありますが、日本一の暑さを記録したところでもあるのです。
なぜ、山形市がこれほど暑くなるのかというと、ここは山に囲まれた盆地(ぼんち)で、フェーン現象(げんしょう)というのがおこりやすいところだからです。このフェーン現象がおきると、気温が非常に上昇(じょうしょう)します。
もうひとつは、日本で一番寒い気温ですが、日本で一番寒い記録を出したのは北海道でした。北海道の旭川(あさひかわ)で記録された気温、マイナス41度が日本での最低気温です。これは1902年の1月25日に記録されました。マイナス41度というと、冷凍庫よりも低い温度で、南極なみの寒さです。

PAGETOP