メニュー閉じる

きりは何からどうやってできるの

きりは何からどうやってできるの

やかんに入れた水を沸騰(ふっとう)させると、口から湯気(ゆげ)が出るのがわかります。

これはやかんの中の水が熱くなって水蒸気(すいじょうき)に変わり、やかんの口からふき出したとたんに、外の空気に冷やされて、細かい水のつぶにもどったからです。きりもこれと同じ理由でできるのです。
水気の多い温かい空気が、冷たい空気にふれると、空気中の水蒸気は急に冷やされて細かい水のつぶになります。これがきりというわけです。つまりきりは、とても細かい水のつぶからできているのです。

PAGETOP