雲はどうして動くの

雲はどうして動くの

雲は空気中にうかんでいるものですから、空気が移動すれば、それといっしょに雲も動きます。

つまり、雲が動くのは、風がふくからというのが答えです。
しかし、風といっても地上をふく風のことではなく、非常に高い上空をふいている風のことです。地上にはまったく風がふいていないときでも、上空では強い風がふいていることがあるのです。わたしたちのまわりでは風がないときに、雲だけが動いていくようすを見ると、なんとなく不思議に感じますが、やはり雲は上空で風にふかれて動いているのです。
しかし、なかには、風がふいてもほとんど動かない雲というものもあります。富士山のような高い山の地形によってできる雲がそうです。これは、笠雲(かさぐも)やつるし雲といわれていますが、このような雲は、山で強い風がふいていてもほとんど動きません。山のてっぺんにベレー帽(ぼう)をかぶったような雲ですから、高い山があったら注意して観察してみてください。

PAGETOP