雲はどうして白いの

雲はどうして白いの

雲が白いことを理解(りかい)するためには、少し光のことを説明しなければなりません。

まっくらやみの中では、そこにものがあっても見えません。明るいところでしかものは見えないのです。わたしたちにものが見えるのは、光がそのものに当たり、反射(はんしゃ)してわたしたちの目に入ってくるからなのです。つまり、光の反射というのは、ものがどう見えるかということに関係があるのです。
雲も、光を反射しています。その光が目に入るために、わたしたちには雲が見えるわけなのですが、雲の光の反射のしかたというのが、じつは少し変わっているのです。雲は小さい水や氷のつぶがたくさん集まってできているために、光を同じ方向に反射しないで、さまざまな方向に反射します。これを乱反射(らんはんしゃ)といいます。乱反射はものの色を消して白く見せる働きをします。このあちこちにちらばった光が目に入るために、雲は白く見えるのです。雪が白く見えるのも、これと同じ理由です。

PAGETOP