酸性雨って何,どうしてふるの

酸性雨って何,どうしてふるの

空気中には自動車の排気(はいき)ガスや工場のけむりなど、いろいろなものがまじっています。

とくに最近は、車の増加により、かなりの量の排気(はいき)ガスが空気にまじるようになりました。
車の排気ガスというのは、ガソリンや軽油を燃やしたときに出る硫黄酸化物(いおうさんかぶつ)や窒素酸化物(ちっそさんかぶつ)といった化学物質がたくさんふくまれています。このようなものが雨の水にまじると、雨は酸性に変化するのです。これが酸性雨なのです。酸性の雨だから酸性雨といっています。
酸性雨が長い間ふると、木がかれたり、川や湖の魚が死んだり、コンクリートがもろくなったりといろいろな悪影響(あくえいきょう)がでてきます。このことは、今後の環境(かんきょう)を考える上で非常にこまった問題になっています。

PAGETOP