たつまきはどうしておきるの

たつまきはどうしておきるの

たつまきというのは、空気が地上から上空へはげしくふき上げられてできるものですが、短い時間に、しかもせまい場所で発生するために、なかなかくわしく調べることができません。そのため、正確な原因(げんいん)はまだわかっていません。

ただ、たつまきのときは、何かの原因で上空に空気のうすいところができ、ここをうめるために、下の空気がはげしい勢いで上にすいあげられるのです。そして、空気がうずをまき始め、これがたつまきとなるということはわかっています。
たつまきがおきると、空気ははげしくうずをまいて、強い風がふきます。大きなたつまきでふく風は、地球上でふく最も強い風といわれており、たつまきはたいへんこわいものです。

PAGETOP