天気はどうしてかわるの

天気はどうしてかわるの

地球のまわりには大気があって、それが地球をおおっています。

大気は、太陽からの熱を受けると、いろいろな方向に動きます。ストーブで温められた、あたたかい空気は上昇(じょうしょう)しますが、地球規模(ちきゅうきぼ)で見ても同じことが起きるのです。
空では、あたたかい空気のかたまりや冷たい空気のかたまりが、上昇したり、下降(かこう)したり、横に行ったり、ぶつかりあったりしています。これが風です。
大気中には、水蒸気(すいじょうき)や雲や雨雲など、さまざまなものがあります。それらが、この風のはたらきで、地球のまわりを動き回り、その動いたところで、雨をふらせたり、雪をふらせたりしています。そのために、天気は、毎日晴れたり、くもったり、雨がふったりと、いろいろに変化するというわけです。
つまり、天気は太陽から熱を受けた大気が、あちこちに動き回るために変化するということなのです。

PAGETOP