どうして夏は暑くて冬は寒いの,春夏秋冬があるの

どうして夏は暑くて冬は寒いの,春夏秋冬があるの

地球は、太陽のまわりを1年に1回公転しています。

また地球は、北極と南極を軸(じく)にして、1日に1回自転しています。夏が暑くて、冬が寒いというのは、この地球の公転と自転に関係があるのです。
地球が太陽のまわりを回る公転の軸に対して、地球自体が回っている自転の軸の方が、少しかたむいています。かたむくと、ある時期には太陽の光をよく受け、また、ある時期には太陽の光をあまり受けないという現象(げんしょう)がおこるのです。
太陽の光と熱を、十分に受け取っている時期が夏。反対に、光も熱も、少ししか受け取っていない時期が冬になります。そして、この夏と冬の中間にある時期が、春と秋になるわけです。
このように、夏が暑く、冬が寒いといった、季節の変化は、地球がかたむいて太陽のまわりを回っていることが原因(げんいん)なのです。

おうちの方へ
地球の自転軸は、公転軸に対し、23度27分(約23.5度)傾いています。

PAGETOP