にじはどうして7色なの

にじはどうして7色なの

プリズムというものを見たことがありますか。

プリズムとは、ガラスでできた三角形のぼうのようなものです。このプリズムを使うと、光を7つの色に分けて見ることができるのです。
たとえば、太陽の光をプリズムに通すと、いろいろな色の光が見えてきます。これは、太陽の光というのは、いろいろな色がまざっているという証拠(しょうこ)です。プリズムを通すと、まざりあったそれぞれの光の色が、分かれて見えるようになるのです。
このプリズムと同じようなはたらきを、空の上にある雨雲の雨のつぶがしているのです。この雨つぶが、太陽の光をいくつかの色に分解して、空の上ににじをうつしだすのです。
色は、ならび方も決まっており、外側が赤、内側が紫(むらさき)となります。ただし、ときどきですが、逆ならびのにじがでることもありますから、気をつけてみてください。
このように、にじが7色なのは、にじのもとになる太陽の光が、およそ7色の光からできているからなのです。

PAGETOP