雪はどうして白いの

雪はどうして白いの

雪はなぜ白いかという色の質問は、やさしいようで、じつはむずかしい質問です。

まず、わたしたちに物が見えるのは、物に光が当たり、その光が反射(はんしゃ)して、それがわたしたちの目に入ってくるからです。
次に、色が見えるのは、その反射する光の波長(はちょう)が、色によってちがうからです。
ところが、白い色というのは、ふつうの色の光とちょっとちがいます。この色はすべての波長を反射したときに見える色です。
したがって、雪が白く見えるのは、雪のつぶが小さいために、いろいろな波長の光をあちこちに乱反射(らんはんしゃ)して、それらの色がすべてまざりあうからなのです。
いろいろな色の光を合わせると白になるというのは、少しふしぎな気がしますが、光にはそういう性質(せいしつ)があるということをおぼえておいてください。
空にうかぶ雲や、かき氷が、白く見えるのも、これと同じ理由なのです。

PAGETOP