雪はどこからふってくるの

雪はどこからふってくるの

雪が生まれるのは、空のずっと高いところの雲の中です。

雲の中で、小さな水のつぶがこおり、氷のつぶになるのです。そして、その氷のつぶのまわりに、空気中にある水蒸気(すいじょうき)がくっついて、だんだん大きくなっていきます。これが、雪のつぶというわけです。
この雪のつぶは、地面へ落ちてくるとちゅうでも、さらにまわりの水蒸気をくっつけて、どんどん大きくなってふってくるのです。
つまり雪は、空にある雲の中からふってくるというのが、答えです。

PAGETOP