いん石はどうして落ちるの

いん石はどうして落ちるの

空から落ちてくる石のことをいん石とよんでいます。地球から見ると、たしかにいん石は「落ちてくるもの」です。しかし、これは落ちてくるのではなく、地球と衝突(しょうとつ)したものなのです。

宇宙にはいん石のもとになる、岩や金属でできた小さな星がたくさんあります。この小さな星が地球と衝突するのです。

いん石が地球と衝突するときのスピードは、秒速数十Kmという高速です。このスピードで地球にぶつかるために、いん石は地球の空気との摩擦(まさつ)で、非常に高い熱を出します。ふつうはこの熱で、地上にくるまでに全部燃えつきてしまうのですが、大きいものは全部燃えないで、のこったものが地上まで落ちてくることがあります。これがいん石なのです。

おうちの方へ

太陽系には9個の惑星のほかに、小惑星と呼ばれる直径数Kmから数百mの天体が無数にあります。そのほとんどが火星と木星の間を公転していますが、なかには地球の軌道の内側まで入ってくる小惑星があります。これらの小惑星のかけらが地球と衝突するのです。

PAGETOP