宇宙はいつどうやってできたの

宇宙はいつどうやってできたの

太陽のまわりには、地球もふくめて8個の惑星と、たくさんのすい星や小惑星たちがあり、太陽を中心に回っています。

これを太陽系といいます。そして、太陽のように自分自身でかがやいている星が約2000億個ほど集まっているのが銀河系です。宇宙には、この銀河系と同じような星の集まりが数千億個、あるいはそれ以上あると考えられています。

今からおよそ90年前に、アメリカのハッブルという博士が、銀河系のような星のグループどうしの距離が、だんだん大きくなり、おたがいがはなれていっていて、しかも地球から遠い星たちほど、はなれるスピードが速いということを発見しました。つまり、これは、宇宙は風船のようにだんだんとふくらんでいるということを意味しています。
その後、宇宙はふくらんでいるということから逆に考えて、宇宙のはじまりはいつなのかを求める研究が進みました。すると、今から138億年前、宇宙はある一点に集まっていたことがわかったのです。あるとき、何かの原因で大きな爆発が起こり、この爆発をきっかけに宇宙はものすごいスピードでふくらみはじめたのです。
この大爆発のことをビッグバンといいます。生まれて間もない宇宙は、非常に高い温度と強い圧力の世界であったようです。もちろん今のように星などありませんでした。それが、長い年月をかけて、ようやく今のような宇宙になったのです。

PAGETOP