どうして宇宙に空気はないの

どうして宇宙に空気はないの

たしかに、宇宙には地球のような空気はありません。地球の空気の成分は、約80%が窒素(ちっそ)、約20%が酸素(さんそ)、そのほか、アルゴンや二酸化炭素(にさんかたんそ)などが、ほんの少しふくまれています。

では、地球以外のほかの星をみてみましょう。金星と火星には、空気ににたものがありますが、地球の空気とちがって、ほとんどが二酸化炭素です。
また、金星や火星より小さい水星や月には空気というものがありません。なぜなら、地球とくらべて、水星や月の引力は弱いからなのです。
引力というのは、物を自分の方に引っぱる力のことをいいます。水星や月は、この物を引っぱる引力がとても弱いために、星の表面に空気をひきつけておくことができないのです。
つまり、空気は、引力の強い星の表面だけに集まるものなのです。引力の弱い星や、星と星の間の宇宙のような、引力の弱いところにはないのです。

PAGETOP