宇宙のはてはどうなっているの

宇宙のはてはどうなっているの

宇宙のはてはどうなっているのか、大昔から、たくさんの人がそれを解明しようとしてきました。

そのひとりに、イギリスのウイリアム・ハーシェル博士がいます。彼は、今から200年も前に、望遠鏡(ぼうえんきょう)を自分で作り、それで星を観察し、宇宙の形を研究しました。その結果、彼は、宇宙の形は虫メガネのレンズのようなものであると考えました。しかし、当時の望遠鏡では星までの距離(きょり)を正確にはかることはできませんでした。ですから、ハーシェル博士も、宇宙の大きさや宇宙のはてがどうなっているかまでは、わからなかったのです。
では、現在ある最新の望遠鏡を使って調べたらどうでしょうか。
地球から一番遠い所には、星のように見えるクエーサーというものがあり、このクエーサーは、地球から約150億光年もはなれています。光は1秒間に地球を7回り半も進むスピードをもっています。その光が、1年間に進む距離が1光年ですから、150億光年はその150億倍になります。それがどのくらいの距離か想像もつきませんが、このクエーサーがはてしなく遠いものであっても、これが宇宙のはてであると決めることはできません。本当の宇宙のはてはこのクェーサーのもっと先にあるかもしれないのです。そこは、現在の望遠鏡でも見ることはできませんから、結局、宇宙のはてがどうなっているのか、またあるかどうかも、今のところわからないのです。

PAGETOP