宇宙はどれくらい広いの,どんな形をしているの

宇宙はどれくらい広いの,どんな形をしているの

宇宙の広さを表す単位として、光年(こうねん)という言葉を使います。

わたしたちがふだん使う長さの単位で、一番大きいのは「キロメートル」ですが、これは宇宙の広さを表すには不十分です。1光年というのは光が1年かかって進む距離(きょり)のことをいいますが、これをKmに直すと、なんと9兆4600億Kmにもなります。
しかも、宇宙では1光年は一番小さい単位です。たとえば、宇宙には、地球のある太陽系(たいようけい)をつつみこんでいる銀河系(ぎんがけい)というものがあります。この銀河系はうずまきの形をしているのですが、直径は約10万光年もあるのです。
またこの銀河系をつきぬけたはるか先に、星のように見えるクエーサーというものがあります。これは、現在最も高性能の望遠鏡(ぼうえんきょう)で見える、宇宙の一番遠い所なのですが、そこまでは約150億光年もあります。しかも、このクエーサーが宇宙のはてではありません。じつは、クエーサーも、またほかの遠くの銀河も、銀河系から常に遠ざかっていることがわかったのです。つまり、宇宙は風船のようにふくらんでいて、今も宇宙はどんどん大きくなっているのです。ですから宇宙の形というのはわかりませんし、宇宙の大きさもだいたい150億光年まではわかっていますが、それ以上先は今のところまったくわかっていないのです。

おうちの方へ
現在知られているクエーサーで最も遠くにあるものは、光速の約91%の速度で我々から遠ざかっています。このクエーサーより外側は、ほぼ光と同じ速度で遠ざかっているために私達はそれより遠くを観測することはできません。
地球から見るすべての銀河は地球から遠ざかっているのですが、決して地球が宇宙の中心であるわけではありません。銀河の後退は、どの銀河から見ても全く同じように見えるのです。このため宇宙は膨張していることがわかるのです。

PAGETOP