どうして宇宙は暗いの(黒いの)

どうして宇宙は暗いの(黒いの)

結論からいうと、宇宙が暗い理由は、そこがほとんど真空だからです。

宇宙には、細かいちりのようなものはあっても、そのほかは何もありません。つまり真空なのです。光は、反射したりちらばったりすることで、明るさを発揮(はっき)しますから、真空の場所では、太陽の光は通過するだけで明るく周囲を照らすことはありません。
地球には、空気があり、その中に細かいちりもたくさんありますから、太陽の光はそのような細かいものに反射(はんしゃ)したり、当たってちらばることができるのです。そして地上までとどいた光は地面や海に当たって、周囲を明るく照らします。その点が、地球が宇宙とちがって明るい原因なのです。

おうちの方へ
宇宙空間にもガス星雲のように水素ガスなどの多く集まった場所があります。ガス星雲は、近くに恒星があると、その光のエネルギーを得て輝き始めます。オリオン大星雲などはこのようにして光っているのです。ですから厳密にいうと、宇宙空間は完全な暗黒ではないのです。

PAGETOP