宇宙にさん素はあるの

宇宙にさん素はあるの

空気中には、たくさんの酸素(さんそ)がふくまれています。空気のおよそ20%は酸素です。

地球には、空気中の酸素のほかにも、たくさんの酸素があります。たとえば水は、酸素と、水素(すいそ)が結びついてできたものです。しかし宇宙には、地球の空気のように、宇宙服をつけなくても呼吸(こきゅう)ができるような、十分な酸素がふくまれている空気があるところは見つかっていません。
ただし、宇宙にも酸素はあるのです。たとえば、金星の空気は、ほとんどが二酸化炭素(にさんかたんそ)からできていますが、二酸化炭素というのは、酸素と炭素(たんそ)が結びついてできたものだからです。
また、火星には、水も、二酸化炭素もありますし、木星や土星のまわりを回る衛星(えいせい)のなかには、氷でおおわれているものもあります。氷は水ですから、酸素があるといえます。そして、土星のわも氷でできています。太陽は、そのほとんどが、水素とヘリウムというガスからできていますが、ほんの少しだけ酸素があることがわかっています。星座をつくっている星は、太陽と同じような星ですから、やはり酸素があると考えられます。
つまり、地球ほどはないにしても、酸素は、宇宙のいろいろな所にあるのです。

PAGETOP