どうしてうるう年は4年に一度なの,どうしてあるの

どうしてうるう年は4年に一度なの,どうしてあるの

うるう年というのは、2月が29日まである年をいい、その年は、ふつうの年より1日多い366日となります。

この1年の長さは、地球が太陽のまわりを一回りするのにかかる日数のことです。
しかし、これをくわしく調べると、地球が太陽のまわりを一回りするのにかかる日数は、365日と約6時間なのです。つまり、1年を365日にすると、毎年6時間ずつ、実際の季節がカレンダーよりずれてしまうことになります。1年に6時間ですから、4年で24時間、つまり1日だけずれるわけです。そこで、4年に1回うるう年をつくって調節しているのです。もし、うるう年をつくらないまま毎日がすぎてしまうと、400年後には100日分季節がずれてしまいます。

PAGETOP