どうして時間はあるの

どうして時間はあるの

時間はだれにでもあります。

時間を時計ではかれば、1日はだれにでも24時間と決まっています。もちろん、時計などなくても、木の影(かげ)の動きを見ていれば、時間が決まった速さで進んでいくのがわかります。また、夜空の星の動きや月のみちかけを見れば、時間が年月の単位ですぎていくことにも気づきます。つまり、人類は太陽や月や星の動きから時間をはかることを思いついたのです。
また、時間をはかる人間がいなくなっても、時間はあります。
たとえば、人間がいなくても、クマは冬眠(とうみん)するでしょうし、サケは毎年川をのぼるでしょう。サクラも必ず春に花をさかせます。このように人間がいなくても時間はあるのです。
では、宇宙のすべての物が動くのをやめて止まってしまったら、時間はどうなるのでしょうか。そこに時間があるのかないのかわかりませんし、また、あってもはかることは不可能です。
しかし、実際には宇宙の星は止まらずに、いつも動いています。だから、時間も必ずあるのです。

PAGETOP