星座はいくつあるの

星座はいくつあるの

星座には、わたしたちになじみの深い、誕生日の星座や、北極星(ほっきょくせい)のあるこぐま座、北斗七星(ほくとしちせい)のあるおおぐま座などがあり、その数は、現在88とされています。

星座は、今から約5000年前に、メソポタミア地方に住んでいた羊飼い(ひつじかい)が考えたといわれています。それが、ギリシャにつたわり神話と結びついて、現在の星座の話になったのです。
その後、今から約500年前の、コロンブスやマゼランが活躍(かつやく)した時代に、南半球(みなみはんきゅう)の星に新しい星座の名前がつけられました。この時代には、世界の国々が、それぞれに星座を作ったために、200以上の星座ができてしまいました。同じ星であるのに国によってちがう星座に入れられてしまうなど、かなりごちゃごちゃになってしまったのです。
そこで、1930年に世界中の天文学者が集まり、88の星座とその境界(きょうかい)を決定したのです。

PAGETOP