太陽はいつどうやってできたの

太陽はいつどうやってできたの

今からおよそ50億年前まで、太陽系(たいようけい)の星はひとつもありませんでした。

そのころは、ガス星雲(せいうん)といううすい水素(すいそ)があるだけだったのです。そのような何もないところに、大きなガスのうずまきが現れました。その中心には、あるガスの集まりがありました。これが、大昔の太陽のすがたなのです。
しかし、この太陽は、まだかがやいてはいませんでした。太陽がかがやき始めるのは、大昔の太陽の中心部分で、水素がヘリウムに変わる核融合(かくゆうごう)ということが起こってからなのです。核融合には、ものすごい力があります。この核融合をきっかけに大昔の太陽は、現在の太陽に変身しました。この核融合が起こったのが今から約50億年前のことです。太陽は、このときに生まれたのです。

PAGETOP