太陽は何でできているの

太陽は何でできているの

太陽を作っているのはガスで、そのガスの中でも一番多いのが水素です。

これが全体の約75%をしめていて、次がヘリウムで約25%。そのほかには、どれも、ほんの少ししかありません。太陽は、おもに水素とヘリウムでできているのです。
なお、これは太陽の光を、プリズムを使って調べるとわかることなのです。

おうちの方へ
太陽の光をプリズムに通すと7色に分かれます。この虹を太陽のスペクトルと呼びます。太陽のスペクトルには何本もの黒い線があります。これは吸収線と呼ばれ、太陽に含まれている物質がある特定の色の光だけ吸収してしまうためにできるものです。この吸収線から太陽の組成がわかるのです。

PAGETOP