太陽はどうして光るの

太陽はどうして光るの

太陽の中心部分は、非常に温度が高く、約1500万度あるといわれています。

この高温部分では、いつも水素ガスがヘリウムガスに変わる核融合反応(かくゆうごうはんのう)が起きています。この核融合反応では、ものすごい力が生まれ、このとき、非常に高い熱と光のエネルギーを出すのです。太陽の光は、この光なのです。

PAGETOP