太陽はどうしてあるの

太陽はどうしてあるの

「どうしてあるの?」ということは、「どうしてできたの?」とほぼ同じことですね。

そこで、「太陽はどうしてできたのか」について説明しましょう。
今からおよそ50億年前は、まだ太陽や地球などはありませんでした。
そのころ宇宙には、もやもやとした雲のような、ガス星雲(せいうん)とよばれるものがありました。これは、ほとんど水素(すいそ)ガスでできていました。
50億年前のある時、このガス星雲から遠くはなれたある星が大爆発(だいばくはつ)をおこしました。この爆発のショックで、ガス星雲はうずまきの形に集まりはじめたのです。そして、その後、このうずまきの中心がかがやきはじめました。これが太陽のはじまりです。
つまり、太陽は遠くで大爆発をおこした星の影響(えいきょう)で誕生(たんじょう)したのです。

PAGETOP