太陽はいつなくなるの(ばく発するの,もえつきるの)

太陽はいつなくなるの(ばく発するの,もえつきるの)

太陽は水素(すいそ)というガスが核融合反応(かくゆうごうはんのう)をおこして光を出しています。

つまり太陽の燃料(ねんりょう)は水素なのです。この水素は、あと50億年はもつといわれています。
50億年後にはには、太陽をかがやかせる水素という燃料が少なくなり、核融合反応がだんだんと弱まってきます。核融合反応が弱まると、エネルギーのバランスがくずれてしまい、太陽の表面温度は今より低くなり、大きさは反対に大きくなります。そして太陽は、今の100倍以上にふくらんで、明るさの変化する大きな赤い星になってしまうのです。
その後、50億年よりさらに先の話ですが、太陽は、だんだんと小さくちぢみ、地球ほどの大きさの白色矮星(はくしょくわいせい)という星になって、一生を終えると考えられています。

PAGETOP