太陽は昼黄色いのに夕方赤くなるのはどうして,どうして夕焼け(夕日)は赤いの

太陽は昼黄色いのに夕方赤くなるのはどうして,どうして夕焼け(夕日)は赤いの

太陽の色をよく調べてみると、白に近いクリーム色をしています。

しかし、太陽の光はこの1色だけではなく、じつは、たくさんの色の光がまじりあってできているのです。これらの色がまじりあって、白に近いクリーム色に見えているというわけです。
ところが、夕方になって、太陽が西の空に落ちてくると、しだいに赤く見えてきます。それは、夕方の太陽の光が、地球の空気の層(そう)を、ななめに通るからなのです。では、なぜ、光がななめに通ると赤く見えるのでしょうか。
たとえば、道路をわたるとき直角なら短い距離(きょり)でも、ななめにわたると、距離は長くなります。これと同じように、夕方の太陽光線は、地球の空気の層をななめに横切るために、それだけ長く空気中を通りぬけてくることになります。
空気中には、目に見えないチリや水蒸気(すいじょうき)の粒(つぶ)がたくさんふくまれていますが、青い光はこれらの粒に当たるとちらばってしまうために、空気の層を通りぬけにくくなります。これにくらべて、赤い光は、青い光より通りぬけやすいのです。そのため、空気の層の中を通りぬけてくるうちに、青い光は少なくなり、赤い光のほうが多くなります。そのため夕方の太陽の光は赤く見えるというわけです。

PAGETOP