地球はどうして宇宙にうかんでいるの

地球はどうして宇宙にうかんでいるの

地球は宇宙にうかんでいるように見えますが、じつは、地球だけではなく、宇宙にあるいろいろな星は、たがいに力をおよぼしあって、宇宙の中である決まった動きをしているのです。

地球もただ宇宙にうかんでいるのではなく、ほかの星との関係で動いているわけです。
たとえば、月は地球のまわりを、地球は太陽のまわりをまわっています。また、火星や金星も太陽のまわりをまわっています。これらの星は、ある法則(ほうそく)にしたがって動いているのです。その法則を知れば、どの星がいつごろどのへんにあるかということはすべて計算できることになります。
また、太陽系の中心の太陽も、地球やほかの惑星(わくせい)を引きつれたまま、秒速220Kmものスピードで動いています。太陽ばかりでなく、北極星も、織り姫星(おりひめぼし)も、彦星(ひこぼし)も、銀河(ぎんが)や星雲(せいうん)などの天体も、すべて動いているのです。
つまり、宇宙にあるすべての星は、ただうかんでいるのではなく、おたがいに力をおよぼしあいながら、ある法則にしたがって動いているというわけです。

PAGETOP