月はいつどうやってできたの

月はいつどうやってできたの

今から、およそ46億年前に、地球や火星など、太陽系の星たちが誕生しました。

このような星は、微惑星とよばれる小さな星どうしがぶつかりあってできたのです。
もちろん、大昔の地球にもたくさん微惑星が、ぶつかってきました。そしてあるとき、この大昔の地球に、いつもにくらべてかなり大きな微惑星が、ぶつかったのです。地球の一部分は、けずり取られ、ふたつに分かれてしまいました。その地球からとび出した部分が地球のまわりをまわるようになりました。これが月のはじまりです。
月と地球はもともとは同じ星だったのです。

PAGETOP