月でウサギがもちをついているというのは本当

月でウサギがもちをついているというのは本当

満月の時、月を見ていると、なかに何かもようがあるのが見えます。

昔の日本人は、その形を見て、ウサギが月でもちをついていると思ったのです。
たしかに、満月をよく見ると、何となくウサギがもちをついているように見えてきます。しかし、月にはウサギどころか、生き物は全くいないのです。
このもようの正体は、溶岩(ようがん)の固まりです。大昔、月の火山が爆発(ばくはつ)して、黒い溶岩が流れ出しました。この溶岩は、低く平らな所に広がって固まりました。この溶岩のところが、地球から見ると黒いウサギのもように見えるわけです。
ところで、このもようは、日本ではもちをついているウサギに見えますが、ヨーロッパではカニに、またアメリカでは、女の人の横顔に見えるといっています。国によってずいぶんちがうものに見えるようです。

PAGETOP