ブラックホールとは何

ブラックホールとは何

ブラックホールというのは、星の一種です。

しかし、この星は光を全く出していないため、とても見つけにくい星なのです。
また、光だけではなく、光の仲間であるX線(えっくすせん)や紫外線(しがいせん)、赤外線(せきがいせん)、電波なども出していないために、世界で一番大きな望遠鏡(ぼうえんきょう)を使っても、直接ブラックホールを見ることはできないのです。
なぜブラックホールが、光を出さないかは、この星のでき方に理由があるようです。このブラックホールは、太陽の30倍以上の重さの星が大爆発(だいばくはつ)をおこしたときにできる星なのです。この爆発は、超新星爆発(ちょうしんせいばくはつ)とよんでいますが、これでできた星は、光も、光の仲間もすべてすいこんでしまうのです。
このようにしてできたのがブラックホールです。今、白鳥座X-1(はくちょうざエックスワン)はブラックホールだろうといわれていますが、まだ完全には証明されていません。

PAGETOP