星はどんなかたちなの

星はどんなかたちなの

星といっても、いろいろな種類の星があります。一番身近な星は、わたしたち人間が住んでいる地球です。

地球は、丸いボールのような形をしていますが、これをくわしく調べてみると、まん丸ではなく、横の長さにくらべて、縦の長さが少しだけ短いことがわかります。極端(きょくたん)にいうと、みかんのように少し平たい形をしているのです。
次に、金星や、火星などの、太陽系の星たちを見てみると、これらの中で丸いボールの形をしているのは、太陽と水星と金星と冥王星(めいおうせい)です。
残りの、火星、木星、土星、天王星、海王星は、地球のように南北に少しつぶれています。とくに土星は、望遠鏡(ぼうえんきょう)で見てもはっきりわかるほどゆがんだ形をしています。
太陽系(たいようけい)以外では、大きさが数十Kmほどの小惑星(しょうわくせい)や、火星の衛星(えいせい)であるフォボス、ダイモスの2つは、ジャガイモのような形をしています。また、太陽系から遠くはなれた星たちは、星の種類が太陽と同じ恒星(こうせい)であることから、ほとんどが太陽と同じ丸い形をしていると考えられています。
つまり、星の形は、丸いもの、丸ではあっても少しつぶれているもの、ジャガイモのようないびつなもの、の3つに分けられるようです。

おうちの方へ
地球の赤道での直径は12756Km、北極から南極までの直径が12714Kmです。

PAGETOP