星はどうしてあるの

星はどうしてあるの

「どうしてあるの?」ということは、「どうしてできたの?」とほぼ同じことですね。

そこで、「星はどうしてできたのか」について説明しましょう。
今から約150億年前は、星も宇宙も、とにかく何もありませんでした。それが、あるときビッグバンという大爆発(だいばくはつ)がおこって、一瞬(いっしゅん)にして宇宙が誕生したのです。
何もないところに花火がパッと広がるように、宇宙はできたのです。このとき宇宙は1兆度をこす温度で、火の玉のような形をしていました。
この火の玉が、だんだんとふくらんでいくと、温度もしだいに下がり、初めて星のもとになるものができてきたのです。それが、宇宙のちりや、水素ガスです。
このちりやガスが、宇宙を流れていくうちにうずをまいて集まり、ぶつかりあってもえ出し、それがかがやく星になったというわけです。
地球のようにかがやいていない星も、おなじように宇宙のちりなどがたくさんぶつかりあってできた星なのです。

PAGETOP