星は何でできているの

星は何でできているの

星にはいろいろありますが、星は大きく2種類に分けることができます。

ひとつは地球の仲間。つまり岩や金属のようなかたいものでできている星のことです。もうひとつは、太陽の仲間。つまりガスのかたまりでできている星です。おおよそ星はこのふたつのどちらかに分かれます。
ところが、なかには例外もあります。たとえば、木星や土星は、中心には金属があるらしいのですが、そのまわりはガスでできているようです。地球と太陽の両方の性質をもっているわけです。
しかし、岩や金属も、もともとは、ガスのもえかすからできたものですから、星はガスと、そのガスのもえカスからできていると考えればいいのです。

おうちの方へ
厳密に考えると、ブラックホールや中性子星はこの説明にそぐわないものですが、一般的にはこのような分類を理解しておけばよいでしょう。

PAGETOP