UFOは本当にいるの

UFOは本当にいるの

ふつうわたしたちは、UFOという言葉を宇宙人の乗り物という意味で使っています。しかし、もともとUFOとは、「はっきり確認できない飛行物体」という意味なのです。

つまり、何であるのかわからない空飛ぶものは全部UFOとなります。そして、そういうものはたしかにあるのです。ですからUFOは本当にいるといえます。
よく、UFOの写真といわれるものがありますが、研究家によると、ほとんどが本当のUFOの写真ではないそうです。手品のようなトリックを使ったり、うその写真を作って、人をおどろかせて喜ぶ悪質ないたずらもありますが、ときどきかわった形の雲や、気球、円盤の形をしたラジコンなどを、見まちがえて写真にとったものがあるようです。
もちろん、なかには、いくら調べても何をうつしたかわからない本物のUFOの写真もあるそうです。しかし、確認できないということは、同時に宇宙人の乗り物かどうかもわからないということなのです。

PAGETOP