夜になると星がよく見える日と見えない日があるのはなぜ

夜になると星がよく見える日と見えない日があるのはなぜ

昼間晴れていても、うすい霧(きり)のようなもやが出ていることもあります。

霧やもやの正体は、空気中にうかんだ細かい水のつぶです。太陽の光は強いので、ほとんどさえぎられずに地上にとどき、もやが出ているように感じません。一方、星の光は太陽に比(くら)べるとはるかに弱いので、夜にもやが出ているときはさえぎられて、明るい星以外はほとんど見えません。

もう一つの原因(げんいん)が考えられます。それは月の光です。もやがなく空がよく晴れているときでも、満月やそれに近いときには、月の光にじゃまされて暗い星は見えにくくなります。

地上にとどく光は、地球をおおう空気の層(そう)を通ってくるので、空気中に細かい水のつぶやちりが少ないほど、星がよく見えます。日本の太平洋側では、寒くて空気がすんでいる晴れた冬の夜に星がよく見えます。冬は、北風で空気中のちりがふきはらわれ、空気がかわいていてもやも出にくいからです。

平地に比べると、標高の高い山や高原のほうが星はよく見えます。高いところへ行くほど、星の光が通りぬけてくる空気の層が平地よりもうすくなるからです。

星をいちばん見えにくくしているのは、都会の夜の明かりです。夏休みなどに、高原やはなれ島など、空の真っ暗なところで星を見てみましょう。びっくりするほど、星がたくさん見えるはずです。

PAGETOP