メニュー閉じる

絵の具は何からどうやってつくるの

絵の具は何からどうやってつくるの

えのぐの始まりは、赤や黒や黄色の土など色のついた「どろ」でした。

昔、ほらあなでくらしていた原始人は、かべにいろいろな絵をかき残しています。その絵をくわしく調べてみると、原始人がどろを使って絵をかいていたことがわかります。あるいは、もえ残った木の先の炭(すみ)で黒い絵をかきました。自然の中には色のきれいな石や動物の殻(から)があります。たとえば、貝の殻や卵の殻などがそうです。昔の人たちは、これらを細かくくだいて粉にして、それを油やにかわの液などでとかして使っていたのです。
今でもえのぐを売っている店に行くと、「岩えのぐ」という自然の石を原料にして作られたえのぐも売っています。しかし、自然の中から色を見つけ出すといっても、すべての色があるわけではなく、見つけられない色もあります。その上、さがしだせる量もかぎられています。
そのような理由から、今、ほとんどのえのぐは、合成染料(ごうせいせんりょう)を油でこねて作られているのです。合成染料というのは、石油を材料にして作った「色のもと」のことで、工場ではいろいろな薬を組み合わせて作っています。これなら、あらゆる色を大量に作ることができて、とても便利です。今はえのぐまでも石油から作られているのです。

PAGETOP