メニュー閉じる

えんぴつのしんは何からできているの、どうやってつくるの

えんぴつのしんは何からできているの、どうやってつくるの

えんぴつのしんは、黒鉛(こくえん)でできています。黒鉛というのは、黒い鉛(なまり)と書きますが、実は鉛ではなく炭(すみ)の仲間です。

この黒鉛は、まっ黒で、かんたんに粉にすることができます。このことは、えんぴつのしんを作るのにとてもつごうがいいのです。それに、黒鉛は土の中からほりだすことも、また、工場でたくさん作ることもできます。つまり、安くて、大量生産が可能なのです。
昔は、ほりだした黒鉛を、そのまま板の間にはさんで使っていました。これが最初のえんぴつで、その後、新しいしんの作り方が発明され、今のえんぴつとなっていったのです。
その新しいしんの作り方ですが、まず、黒鉛を粉にして、それにねんどをまぜて焼きかためて作ります。この方法でやると、黒鉛とねんどのまぜ方の割合をかえることによって、やわらかくてこいしんができたり、かたくてうすいしんになったりします。HBやBや2Bといったしんのかたさのちがいは、このようにして作るのです。

おうちの方へ

えんぴつは漢字で「鉛筆(ナマリのふで)」と書くように、昔は、ナマリや銀で字や絵を書きました。

PAGETOP