メニュー閉じる

えんぴつはどうやってつくるの

えんぴつはどうやってつくるの

えんぴつを作る工場では、細長い1枚の板に、たてに1mmほどの細くて長いみぞをつけ、その中にしんを入れて作っていきます。その工程(こうてい)の前に、中のしんについて説明しましょう。

えんぴつのしんは、黒鉛(こくえん)でできています。黒鉛というのは、黒い鉛(なまり)と書きますが、じつは鉛ではなく炭(すみ)の仲間なのです。
この黒鉛はまっ黒で、かんたんにつぶして細かい粉(こな)にすることができます。粉になった黒鉛にねんどをまぜ、それを焼くと、えんぴつのしんができあがります。
この黒鉛で作られたしんが、最初に説明した板のみぞに入ります。しんをのせた板の上には、また同じような板がもう1枚のせられ、上下の板は、そこで接着剤(せっちゃくざい)ではりあわされます。はりあわされた板は、すぐに六角のえんぴつの形にけずられ、そしてえんぴつの長さに1本ずつ切りはなされていくのです。1本分の長さになったえんぴつは、まわりをみがかれたあと、色をぬられ、仕上げに文字が印刷されて、製品として出荷されていくのです。

おうちの方へ

えんぴつは漢字で「鉛筆(ナマリのふで)」と書くように、昔は、ナマリや銀で字や絵を書きました。

PAGETOP