メニュー閉じる

えんぴつはどうして紙に字や絵がかけるの

えんぴつはどうして紙に字や絵がかけるの

えんぴつにはしんがあります。このしんがあるために、紙に字や絵がかけるのです。

えんぴつのしんは黒鉛(こくえん)というものからできています。黒鉛というのは、まっ黒で、かんたんに粉(こな)にすることができます。これにねんどをまぜて、焼きかためると、えんぴつのしんになるのです。えんぴつでかくというのは、この黒鉛でできたしんで、紙の上を強くこすることをいいます。ふだんはあまり気がつきませんが、えんぴつのしんは、紙の上を、かなり強くこすっているのです。
紙の上に書いたえんぴつの字を顕微鏡(けんびきょう)で見ると、表面に細かい黒鉛のつぶがたくさんならんでいるのが見えます。紙の上に絵や字がかけるのは、しんを紙に強くこすりつけるために、黒鉛の粉が紙にくっつくからなのです。

おうちの方へ

えんぴつは漢字で「鉛筆(ナマリのふで)」と書くように、昔は、ナマリや銀で字や絵を書きました。

PAGETOP