メニュー閉じる

鏡は何でできているの、どうやってつくるの

鏡は何でできているの、どうやってつくるの

鏡(かがみ)は、ガラスの板と銀のうすい膜(まく)のふたつでできています。

このふたつがあわさって鏡になるのです。
ガラス板は、平らでなめらかにできていますが、そこに、光をよく反射(はんしゃ)する銀のうすい膜をはりつけます。光は、ガラスの表面でも少しは反射しますが、裏側の銀メッキしたところでは、ほぼ100%完全に反射します。これで、とてもよくうつる鏡ができあがるのです。
このように、鏡とは、ガラス板に銀をうすくぬっただけのかんたんなものですが、これはたいへん歴史が古いしくみなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP