カメラはどうして写真がとれるの

カメラはどうして写真がとれるの

暗い部屋の中で、障子(しょうじ)に外の景色がぼんやりとさかさまにうつったりすることがあります。

最近の近代的な住宅ではあまり見られませんが、昔の日本の家では、ときどきそのようなことがありました。そんなとき、くわしく調べてみると、それは、雨戸の小さなあなから光が入りこみ、障子にうつってできたものでした。
これは、カメラとは何の関係もないようですが、じつは、これが一番かんたんな、カメラのしくみなのです。
つまり、まっ暗な部屋が、カメラの胴体(どうたい)の箱になっている部分で、雨戸の小さなすき間がカメラのレンズの部分というわけです。
このように、中が暗い状態(じょうたい)の箱と、そこに光の入る小さなあながひとつあれば、そのあなから入ってきた外の景色が箱の中のかべにうつります。これが、針穴写真喫ピンホールカメラ)です。カメラは、このしくみを利用しているのです。
カメラは、レンズがなくても写真はとれますが、それではかなりぴんぼけの写真しかとれません。そこで、レンズをつけて、きれいな写真がうつるようにしているのです。ところで、写真はカメラだけでなく、フィルムがなければとることはできません。フィルムというのは、カメラのレンズを通ってきた光を、記録するものです。写真をとったフィルムを取り出して、現像液(げんぞうえき)につけると、絵がうかびあがってきます。これを印画紙に焼きつけて、写真ができあがるのです。

PAGETOP