メニュー閉じる

クレヨンは何からできているの、どうやってつくるの

クレヨンは何からできているの、どうやってつくるの

クレヨンの材料は、意外に少なく、色のもとになる顔料(がんりょう)とロウソクのろうのこのふたつだけです。

顔料というのは、色のついた石を粉(こな)にして作られた、色のもとのことです。しかし、最近は、自然のいい石があまりたくさんないために、色のもとの顔料を工場で「人工的」に作ることが多いようです。
工場で作る顔料のもとは、昔は石炭を使っていたこともありましたが、今はほとんど石油から作られています。
この、石油から作った顔料にろう(ワックス)をまぜて、クレヨンの形にかためると1本のクレヨンのできあがりです。このように、クレヨンは石油とろうでできているというわけです。
ただし、画家が使っているクレヨンと、みなさんが使うふつうのクレヨンは、作り方が多少ちがいます。画家の使っているクレヨンには、ろうが入っていないのです。つまり、顔料だけをかためて作られたものなのです。
なぜろうが入っていないのかということですが、おそらく、ろうがまじることによって、色がほんの少しでもかわってしまうのを、画家はいやがるからなのでしょう。ただ、このクレヨンが一般的でないのは、ろうが入っていない分、非常にやわらかくておれやすいという欠点があるからです。子供には、とても使いにくいクレヨンなのです。

PAGETOP