メニュー閉じる

コピーはどうしてとれるの

コピーはどうしてとれるの

コピーをとるとき、コピー機のガラスの上に紙や本を置いてスイッチのボタンをおすと、そのあと非常に明るい光をだすものがガラスの下をゆっくり動いていきます。

あの光が紙にかかれているものを読みとっているわけです。読みとるといっても、わたしたちが本を読むのと同じように、機械が字を読んでいるわけではありません。
あの光は、紙の上の白い所と、黒い所を読みとっているのです。紙の上のどこに黒い所があって、どこに白い所があるかを、正確に読みとっているというわけなのです。そして、コピー機はその読みとった情報を、そっくりそのまま別の紙にうつしています。
どのようにうつすのかというのは、非常にむずかしいのですが、かんたんに言うと、まっ白な紙に、炭(すみ)の粉(こな)のようなまっ黒い粉をくっつけて、読みとったものと同じものを作っているのです。コピー機の中にはそのための機械がぎっしりつまっているというわけなのです。
コピー機というものは、まず光がものを読みとり、次に白い紙に黒い粉をくっつけて、読みとったものと同じものを作る機械なのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP