メニュー閉じる

ゴムはどうしてのびちぢみするの

ゴムはどうしてのびちぢみするの

ゴムは、木の皮にきずをつけて、そこから流れ出す樹液(じゅえき)をかためたものです。

このゴムの木が生えているのは南アメリカで、もともとゴムは、南アメリカにしかなかったものなのです。
はじめて南アメリカでゴムを見たヨーロッパの人は、ひどくおどろきました。ゴムの木からとった液を、子供たちがボールのように丸めて、それをはずませながら遊んでいる光景はとてもふしぎなものに見えたのです。
ヨーロッパの人は、さっそくこのゴムを自分の国に持り帰りました。何に使ったらいいのか、全然わからないなか、最初は消しゴムに使ったりしていたのですが、生のゴムは、時間がたつとベトベトにくっついてしまうという、非常にあつかいにくいものだったため、なかなかいい使い道を見つけられませんでした。
そんななかで、あるとき、アメリカのグットイヤーという人が大発見をしました。生ゴムにイオウを加えて熱すると、よくはずみ、そのうえベトベトにならないことに気づいたのです。
その後、ゴムの人気は急上昇し、輪ゴムや、自動車のタイヤなど、すごい勢いで、いろいろなところに使われるようになりました。
ところで、質問の、どうしてゴムはのびちぢみするのかですが、これは、ゴムをつくっている、小さな粒(つぶ)がそれ自体、長いくさりのようにつながっているからだと考えられています。このくさりをひっぱると、1つ1つの輪がのびて、また、はなすと元にもどることから、ゴムはのびたりちぢんだり、自由自在に動くことができるというわけです。

おうちの方へ

現在では化学工業が発達し、石油を原料にして、天然ゴムのもっていないいろいろな性能をもつ合成ゴムが作られています。

PAGETOP