メニュー閉じる

CDはどうして音がでるの

CDはどうして音がでるの

CDの円盤(えんばん)は、キラキラ光っているだけのように見えますが、プレーヤーにセットするといろいろな曲が楽しめます。

あの円盤からどのようにして音がでてくるのか、本当にふしぎです。もちろんCDから音が出るのはCDに音が録音されているからだということはわかりますが、問題はどのように音を録音しているのか、またどのように音にもどすのかということです。
まずディスクに音を記録するために、音を電気の信号に変えています。その電気信号を、ディスクの表面に、目に見えない小さなくぼみにして焼きつけていくのです。くぼみは、だいたい1ミリの1000分の1ほどです。この小さなくぼみはディスクの中心から外に向かって、うずをまくように焼きつけられています。
音をだすときは、回っているディスクに、下からレーザー光線が当てられています。レーザー光線はキラキラ光っているディスクの表面と、くぼみのところでは反射が変わります。この反射のようすが、電気信号に変わり、音となってでてくるというわけなのです。
この小さなくぼみは、1枚のディスクに何十億個もついているのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP