メニュー閉じる

シールはどうやってつくるの

シールはどうやってつくるの

シールは、マンガやきれいなもようなどを、手軽に何枚でも、はりつけることができ、楽しくてとても人気のあるものです。

シールについている絵は、本などと同じで、印刷(いんさつ)されているものです。元の絵や写真を印刷機という機械で印刷しているのです。
ふしぎなのは、うらのはりつける部分です。プラスチックのような紙をはがすときにはかんたんにはがれますが、それを一度かべやペンケースなどにはると、ピッタリくっついてしまって、なかなかはがれません。これは、シールのうらについているプラスチックのような紙に、剥離剤(はくりざい)という特別な薬がぬってあるからです。
剥離剤は、接着剤(せっちゃくざい)とあまり仲がよくない材料で作られます。そのために、シールに一応はくっついていても、はがそうとすれば、すぐにはがれてしまうのです。
しかし、プラスチックの紙からはがして、シールを別のところにくっつけると、もう、そこには剥離剤はぬってありませんから、ピッタリくっついて、はがれなくなるというわけです。

PAGETOP